SEO,ホームページ,制作|福岡

Webマーケティング・リアルマーケティングの共通項と心理学的な視点から独自の情報を配信しております.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バランス良く対策する事が重要

Webサイト制作を依頼する側(お客様)、受ける側(制作会社)「サイト制作の理由や意義は何か?」と問われた場合の答えは、当然の事ながら「Webで売り上げを伸ばす為」に他なりません。ですから本来は、Webコンバージョンを中心に考えるという事は当たり前の事ですが、実際お客様のサイトに目を通してみるとその優先度が異なるケースが多々見受けられます。これに関してお客様と制作サイドにおける見解の相違について具体的な例を基に解説致します。
【1】Webに対する施策の優先順位が逆になっていないか?
依頼者が"サイトのデザイン"に対してのご要望しか言えない場合、出来上がるサイトはコンバージョンが中心ではなくデザインが中心なサイトになりやすいと言えます。サイトの表面的なイメージによるブランディングを重要とするお客様の気持ちは分かりますが、まずはイメージよりもサービス(コンテンツ)の市場認知を高める事が急務ではないでしょうか。
ある程度の市場認知の上に、他社との差別化要因としてブランディングという手法の有効性が発揮されるものですから、デザインのみに細かいご要望を抱いて発注したWebサイトがなかなか集客・販促を成功させにくい要因は「施策(投資コスト)決定の為の優先順位を理解できていない」場合が殆どなのです。
【2】現状の自社ポテンシャルの分析や評価を細かく把握しているか?
多くのお客様は「反響は多い方が良い」と感じておられますが、本項で私がお伝えしたい内容は「現在のWebサイトの状況」「事業全体の反響やポテンシャル」をある程度数値化させ把握し、希望的観測ではなく、あくまで現実的な目標値到達の為のアクションと、それを模索する必要性に関して言及しております。
コストや利益を中心に売り上げや集客ベースを計算する事業主様やサイト運営者様は少なくありません。私自身も損益分岐を実質的に把握しておく為に必要な工程と思っておりますが、ローマは一日にして成らずという言葉が表すように、毎日の積み重ねが結果をもたらすものです。その為、例え目標は高く設定しても、進捗は現実的数値で検証する必要があります。Webマーケティングを成功させる為にはそのような目標数値と現状分析の判断が不可欠ですので、現状把握の為にも、自社Webサイトの基礎数値やポテンシャルを把握して置く事が必要です。

※当社でのホームページリニューアル案件に関して、サービス契約後に旧サイト内にアクセス解析コードを設置し、リニューアルまでの期間、Webサイトの現状データを取得させて頂く事で、より具体的な改善点を見出しております。

詳しくはこちら|サイトコンバージョン率を意識したサイト制作


スポンサーサイト

テーマ:SEO対策・アクセスアップ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2013/07/27(土) 10:58:37|
  2. ホームページ制作|福岡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<07/29のツイートまとめ | ホーム | 07/26のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sense615.blog39.fc2.com/tb.php/643-4d06199f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

ホームページリニューアル ご要望に応じたwebシステム・独自システムを構築・制作|福岡 KCEマーケティングアシスト

Author:ホームページリニューアル ご要望に応じたwebシステム・独自システムを構築・制作|福岡 KCEマーケティングアシスト
ホームページ持っているけど使えていないお客様・ホームページからの反響数を上げたいお客様から連日ご相談を頂いております。リニューアル専門。「ホームページを作り直したい」 「ホームページを自社で運営したい」現在、依頼を頂く多くの案件がリニューアル制作のご相談になっています。

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ボクシングJP